【マンガ】2度目の高校生活は後悔したくない「ハイポジ」感想

ハイポジ1

「ハイポジ」

きらたかし
★★★★☆

しがない人生を送ってきたおっさんが、風俗で火事に遭って気を失い、気がついたら高校生のときの自分に魂が乗り移ったとこらから話が始まる。

おっさんは2度目の人生だからこそ、後悔しないように高校生活に邁進していく。

今が夢でも

あの世でも

現実でも

あんな人生の最期を迎えるくらいなら

あの頃俺ができなかったことをしてやろう

「ハイポジ」1巻より引用

あの頃に戻れたら、、、

僕がそんなことを妄想したことは、1度や2度ではない。

高校生のときは、中学生の頃を後悔した。

でも、大学生になって振り返ると、高校生の頃なんて無限の可能性があったように思う。

社会人になってから大学生を振り返ると、あんなに自由に満ち溢れていた時期は無いと思う。

過去を振り返ると、(今の頭のままで戻れば)もっと何事も上手くできたように思えてならない。

だから、あの頃に戻れたらいいなと、ありもしないもう1つの人生を妄想してしまう。

戻れるわけがないのに。

そんな妄想がマンガになったのがハイポジだ。

おもしろくないわけがない。

今日1日だけがんばるよ。

時間が経ってから振り返ると、何かを始めるのに遅すぎることなんてない。

だから、僕は5年後の30歳のときに今を振り返って後悔しないように、今日も1日がんばろうと思う。

その繰り返ししかない。

そうだ。「ハイポジ」みたいに魂だけ未来から今の自分に乗り移った設定にしよう。

「明日からがんばろう」という発想からは…

どんな芽も吹きはしない…!

そのことに20歳を超えてまだわからんのか…!?

明日からがんばるんじゃない…

今日…今日だけがんばるんだっ…!

今日がんばった者…今日がんばり始めた者にのみ…

明日が来るんだよ…!

賭博破戒録カイジ第7話より引用

今からがんばる。今日だけがんばる。

そんな自己啓発マンガとしても読めるハイポジは、今からの人生を慈しみたい人におすすめです!!

ハイポジ1

ハイポジ1

 

このブログについて

プライバシーポリシー及びその他の注意事項について - ヨリミチ書店