【宇宙本】オルバースのパラドックスに答えてくれる本『宇宙はなぜ「暗い」のか』

今日は「宇宙はなぜ「暗い」のか?」を読みました。

マイブームは宇宙本を読むことで、本屋で宇宙に関する本を見ると、ついつい買ってしまいます。

本書は僕にとっての宇宙本3冊目でした。

宇宙初心者向けで読みやすかったのでおすすめします。

 

オルバースのパラドックスを知っていますか?

本書のタイトル通り、宇宙はなぜ暗いのかということです。

なんと夜が暗いことは当たり前ではないんです。

 

だって広大な宇宙を想像してみてください。

無限に広がる宇宙には、地球から見たときにどの方向にも星があるはずです。

星と星の間にも、無限に遠くまで考えれば、そこには星があるでしょう。

そうすると夜空は一面星だらけになるはずです。

ほら、宇宙は明るいですよね。

 

でも実際の夜空はほとんど真っ暗で、点々と星があるだけです。

東京から見るくすんだ夜空には、点々として星すらよく見えません。

この矛盾がオルバースのパラドックスです。

 

さて、宇宙はなぜ暗いのでしょうか。

 

本書はこの疑問にていねいに回答してくれます。

可視光線、赤外線、X線、マイクロ波など、様々な切り口で宇宙が暗いことに対する疑問に迫ります。

物理などを勉強したことがない人や、宇宙初心者にも非常に分かりやすく、図解をしたり写真を挿入しながら説明してくれます。

 

図解で1番分かりやすかったのが、なぜ空は青くて夕焼けが赤いのかについてでした。

「自然界に青色が無いのは、神様が絵の具を空と海に使いすぎちゃったから」みたいな話も好きですが、科学的に空の色に説明されると、そうだったのか!!と関心するばかりです。

 

こんなにも当たり前に起こっている現象の理由が気になるようになったのは、なんでなんでと繰り返し聞いていた子供のとき以来です。

本書をきっかけに、好奇心が爆発していた子供心を思い出してみてはいかがでしょうか。

宇宙はなぜ「暗い」のか?

宇宙はなぜ「暗い」のか?

 

 

こちらもどうぞ

【Voicyおすすめ】「児玉健の遊び人トーク」文字起こしまとめ

【おすすめ宇宙本】「宇宙兄弟」僕を宇宙漬けにした漫画の魅力をネタバレありで解説する

【Netflix】ブラックミラー「メタルヘッド」感想(ネタバレあり)なんで白黒なの?

お仕事の種類は246種類!在宅ワークならクラウドワークス   

このブログについて

プライバシーポリシー及びその他の注意事項について - ヨリミチ書店