【Voicy文字起こし】「児玉健の遊び人トーク」#47 大きなイベントが終わった時|継続性とクリエイティブ

f:id:LP990:20180424001111p:plain

 Voicyで配信されている児玉健さんの「児玉健の遊び人トーク」より「#47 大きなイベントが終わった時|継続性とクリエイティブ」(3月27日公開)の文字起こしです。

Text by ふじわらよしと( @FujiwaraYoshit0※加筆、修正、太字等の編集をしております。

実際の音声はこちら

voicy.jp

アプリのダウンロードはこちら
Voicy [ボイシー] - 今日を彩るボイスメディア【無料】
Voicy [ボイシー] - 今日を彩るボイスメディア【無料】
開発元:Voicy, Inc.
無料
posted with アプリーチ
 

  

#47 大きなイベントが終わった時|継続性とクリエイティブ

児玉健です。今日は大きいイベントが終わりました。

アルティメット人狼と言って、今回は9回目。大きいイベントでした。

ニコ生の放送ではあるんですけど、リアルイベントとしてもだいたい400人ぐらいが入ってそれを入れ替えてっていう1日がかりの大きいイベント。

生放送では5万人。そして10万のコメントかねきて。

これからずっと、ニコ生でアルティメット人狼って入れて過去放送を見たらアーカイブが残ってるんじゃないかな。

これから見る人が多くなって、たぶん10万人とか超えるんじゃないかな。

長いんですけど気になった人は、アルティメット人狼でニコ生で調べてみてください。

アルティメット人狼9というのに僕も出ているし、主催しています。

大きいイベントで、準備とか当日のチェックとか確認とか運営とか。

もちろんプレイングとか含めて終わったんですけど。

大きなイベント終了後

大きいイベント…仕事でもそうですね。

一大イベントが終わったときっていうのは、いろんな感情があるじゃないですか。

おもしろかったかおもしろくなかったかもあるんですが、例えば余韻に浸る…打ち上げとかもそうですね。

余韻に浸りながら…1人でいるときが余韻に浸るのかな。

みんなで打ち上げとかしてると人狼ゲーム特有でもあるかもしれないですけど反省…これなんでもそうかな。

みんなであーだこうだ。

あれはこうした方がよかったんじゃないか。

いやいやこれがベストでしょうみたいな反省ですね。

振り返り。映像で残ってるもの…今回なんかまさにそうなんだけどやっぱり自分のプレイングっていうのを放送で見る。

主催として全部の流れがどうだったのかっての振り返りをしなきゃいけない。

映像での振り返りですね。

他に言うと休息。やっぱしんどいんで終わった後は休憩してしまう。

次に繋げる。続ける。

休息もあれば、今回は特にそうだったんですけど、このイベントから次に繋げる準備

イベントをやるときに継続性っていうものを、クオリティの次ぐらいに大事にしていて。

もちろんクオリティは一番大事だけどそれを続けること。

なんでも続ける事ってめちゃめちゃ難しいからね。

なので今回は次に繋がるような布石をしっかりと打ってしまって、次に繋げるということをしましたね。

だから、それに関して次は何をしていかないと、いつまでにどんなことをどれだけしなきゃいけないかっていうことを、終わった後にすぐ考えてしまうのがイベントが終わったときにすること。

でね、最近僕はイベントをするので、今まで大きいイベントをたくさんしてきた中で、若干変わって来た部分が、大きく分けて反省と反省からくる次への展望とか準備とか。

そっからのクリエイティブなこと。

こんなことをしようかなとか。

次っていうのを見る割合が多くなってきましたね。

昔は反省ばかりして…もちろん次に行かないといけないからの反省なんですけど。

すごくちゃんとやってましたね。

それはすごく大事で。

でも最近はやっぱり慣れてきたのもあって、想定内に終わることが多くて。

もちろん細い反省はするんですけど、想定内のできであること。

要は75点から80点以上を少なからず取れるイベントになってきたので。

自分の中で想定としてね。

反省することよりも、その反省を一瞬でして次の準備とかクリエイティブなことに時間をかけるというようなことが多くなってきましたね。

ブラッシュアップを繰り返す

最初は絶対に反省をした方がいいと思うし、いろんな人の話を聞いて…今もしてますけどどうだったかっていうのを情報収集すること。

それをイベントをやりながら同時並行してるイメージは結構あるかもしれないですね。

慣れてくるとその分やっぱり次に向かうこと。

お疲れ様ですありがとうございましたって言うことも大事ですが、僕は次に形として返すっていう方法の方が好きなので。

そういう意味ではあんまり礼儀がないとか言われると辛いんですけど。

あんまり言われたこともないけど。

そういうのも当たり前に大事だし、次に主催とかという立場ではすごく礼儀正しくてすごい人でも次会ってくれなかったらなんかね、本末転倒じゃないですか。

なのでもっと大きくして、もっとおもしろくして、もっと演者さん、手伝ってくれてるみんなが楽しくて。

かつ見てる人もめっちゃ楽しいというものを作り続けなければいけないというプレッシャーは結構あって、本当に細かいとこでもいいからブラッシュアップしていく、マイナーチェンジしていく

ちょっとしたサプライズであったり、形としてすごく満足度の高いものにする。

そういうことサイクルでずっと考え続けてると次いいものができるし、続けていけることです。

だから本当に趣味でもゲーム会やったり自分で主催するも飲み会でもいいと思います。

例えば仲の良い友達とホームパーティーでもいいと思うし、趣味があった者同士でけん玉の集まりをするみたいなことを継続的にやる事っていうのはすごく大事で。

まずは継続性。

継続してると当たり前だけどクオリティは上がっていくと思います。

新しいことをしようと思うと思います。

極論、継続性がなかったらクリエイティブな事ってする場がないですからね。

続けてるだけでもなんか同じことをやってて飽きちゃうみたいなことも絶対あると思うんで、まずは継続性なんですが継続をしつつやっぱり中ことをちょっとずつ変えて行くとか、ちょっとずつ新しい要素を盛り込んで行くとかっていうことは掛け算としてすごく大事だと思います。

ちょっとでいいんですよ。

全体を変える必要はなくて。

ちょっとだけ変えるだけで全然。

ちょっと変えるぐらいだったらできるし、継続性を求めるんだったらちょっとずつ変えればいいんですよ。

急に全てを変えちゃったり、すべてを新しくしてやろうとかするとね力もかかるし。

継続していけなくなっちゃうから。

ちょっとずつ変えていく。

3つ思いついたら3ヶ月かけて1個ずつ使って行くとかの方がいいですよ。

これは僕のやりたいこと小出し作戦です。

思いついたことを、5個ぐらい思いついたら2年ぐらいかけてやったりするんで。

思いついた事を小出しにしていったり、今これ出すときじゃないなとかもうちょっと考えたら上手くなるとか、タイミング起きたら使おうとかっていうのと、今すぐこれは変えれるなっていう事を同時並行で長期的なアイディアと短期的なアイデアを同時に走らせると継続性とクオリティの向上みたいな形になるかな。

皆さんどんなことでもいいんでちょっとやってみたらね、仲間もできるし自分のクリエイティブとかの努力とか反省とかいうことができるからねすごくいいですけどね。

ということでVoicyでした。

今日からまたいろんなことが走り出しますんで、またちょいちょい更新していきたいと思います。それでは〜

こちらもどうぞ

【おすすめ宇宙本】「宇宙兄弟」僕を宇宙漬けにした漫画の魅力をネタバレありで解説する

【Netflix】ブラックミラー「メタルヘッド」感想(ネタバレあり)なんで白黒なの?

お仕事の種類は246種類!在宅ワークならクラウドワークス   

このブログについて

プライバシーポリシー及びその他の注意事項について - ヨリミチ書店