【Netflix】ブラックミラー「人生の軌跡のすべて」感想(ネタバレあり)記憶が記録になった世界

Netflixでブラックミラーシーズン1-3「人生の軌跡のすべて」を観ました。

人間の脆い記憶が完全な記録になったときにどんなことが起こるかをまざまざと見せつけられました。

さて、前回に引き続きネタバレありで感想を書きますので、まだご覧になってない方はぜひ観てから戻ってきてください。

www.fujiwarayoshito.com

すべて記録される

「人生の軌跡のすべて」では、登場人物のほとんどが耳の後ろに、あるチップを埋め込んでいます。

ここには、見たものすべてが鮮明に記録されます。

その記録は、あとで見返したり、ズームしたり、倍速再生したり、削除したりできます。

もはや暗記なんてする必要がありません。

暗記競争みたいなセンター試験はとっくに廃止されてるんでしょうね。

すべて記録されるというのはとても便利です。

例えば、以前どこかで会った人の名前を忘れたとしましょう。

安心してください。

手元の小さなリモコンのようなものを操作すれば、お望みの記憶を観ることができます。

f:id:LP990:20180420222918p:plain

こうして以前あいさつしたときの映像を見返せば、名前をわすれて気まずくなることもありません。

f:id:LP990:20180420230437p:plain

ちなみに記憶を再生しているときの目は茶色っぽくなっていて怖いです。

さらに、その記憶はすぐにモニターに映し出すことができます。

例えば、ベビーシッターの預けていた赤ちゃんの記憶を倍速で再生すれば、日中の様子も観ることができます。

f:id:LP990:20180420223310p:plain

とまあ最初は便利で良いところを書きましたが、もちろんブラックミラーなので期待を裏切ることなく不穏な方向へ。

過去に生きる

記憶が完璧に記録されていたら、見返したくもなります。

現在ですら、InstagramやiPhoneに撮りためた写真や動画を見返すことがありますよね。

これは、自分が意図的に切り取った一瞬に過ぎませんが、「人生の軌跡のすべて」の中では、すべて記録されます。

ということはどんな瞬間ですら見返すことができるのです。

f:id:LP990:20180420224213p:plain

彼女が浮気してるんじゃないかと疑い始めた主人公は、一晩中何度も怪しいシーンを見返します。

「人生の軌跡のすべて」の主人公(他の登場人物も同様)は心がずーっと過去に捕らわれてしまっています。

時間は過去からの積み重ねではなく未来から流れてくるものだという考え方があります。

自分がつかみたい未来のために今の行動を選択するということです。

よく言うように、過去は変えられないけど未来は選択できるのに、、、。

真実を追い求める

主人公は、とうとう過去の映像を駆使して彼女の浮気を突き止めます。

何よりも真実を見る道を選びました。

2人は別れることになりました。

それでもちらつくもういないはずの彼女の笑顔。

f:id:LP990:20180420225512p:plain

主人公は最後にこのチップを取り除くことにしました。

果たして何が幸せだったのか。

もしかしたら、脳に忘れる力があるからこそ、必要以上に過去にとらわれることなく未来へ意識を向けることができるのかもしれません。

おわりに

「人生の軌跡のすべて」ではInstagramなどで過去に生きる人が多くなってる様子を、過激に表現していました。

なぜ車が古いままなのか分かりませんが、近い未来に実現しそうな怖さを持ち合わせていて、これぞブラックミラーでした。

ブラックミラーをまだ観たことがない人には、「人生の軌跡のすべて」から観ることをおすすめしたいです。

 

こちらもどうぞ

「児玉健の遊び人トーク」#9 石橋叩いて叩いて渡る|経験値とお金

「モバイルボヘミアン」になるためにミニマムライフコストを計算してみた

ありふれた日常の繰り返しが愛おしくなる映画「パターソン」の感想

お仕事の種類は246種類!在宅ワークならクラウドワークス   

このブログについて

プライバシーポリシー及びその他の注意事項について - ヨリミチ書店