ストーリーが購買に影響を与える。「SHOE DOG」の感想

★★★★☆(すご!)

SHOE DOG

http://amzn.to/2ERqlgQ

あのNIKEの創業者は何者でもなかった。そして、日本のオニツカタイガーと深い関わりがあったのだ。無名からいかにして誰もが知る、NIKEという巨大ブランドを作り上げたのか追体験できる。

内容もさることながら、本書が僕に与えた影響はそれだけではなかった。読み終わったときに、NIKEのことが大好きになっていたのだ。

こんなことに気がついた。消費者が(少なくとも僕は)対象のストーリーを知っているかどうかが、購買行動に大きな影響を与える

純粋に製品のスペックを比較したわけではなく、単に知っているかいないか。それだけである。

さらに、そのストーリーが良かったか悪かったかはほとんど関係ない(もちろん良い方に越したことはない)。今回も、NIKE創業者のストーリーに特段強く感動や共感したわけではない。それでも、ただ知っている。そのことが大事なのだ。

例えば、僕はiPhoneX、MacBook pro 、AirPods を使っている。これは、特に他社製品と比較したわけではなく、なんとなく選んでいた。(囲い込まれた側面もある。)きっとスティーブ・ジョブズのストーリーを知っていたからだ。

ストーリーはファン作りに役立つ。今後は、ベンチャー企業創業者の伝記とかたくさん出てくるんじゃないかな。 

この本を読んだことで、adidasでもPUMAでもなく、NIKEの製品をいつのまにか選んでしまうことだろう。adidasとPUMAの創業者の伝記を読むまでは。

SHOE DOG(シュードッグ)

SHOE DOG(シュードッグ)

 

 こちらもどうぞ

【Voicy文字起こし】「児玉健の遊び人トーク」#3質問コーナーその1|日本を移動しろ!遊びをビジネスに!けん玉の楽しさとは! - ヨリミチ書店

「モバイルボヘミアン」になるためにミニマムライフコストを計算してみた - ヨリミチ書店

ありふれた日常の繰り返しが愛おしくなる映画「パターソン」の感想 - ヨリミチ書店

このブログについて

プライバシーポリシー及びその他の注意事項について - ヨリミチ書店