【Voicy文字起こし】「児玉健の遊び人トーク」#6得手、不得手について|お酒の好き苦手、足して引いて1

f:id:LP990:20180311194115p:plain

Voicyで配信されている児玉健さんの「児玉健の遊び人トーク」より「#6得手、不得手について|お酒の好き苦手、足して引いて1」(1月30日公開)の文字起こしです。

Text by ふじわらよしと( @FujiwaraYoshit0※加筆、修正、太字等の編集をしております。

実際の音声はこちらから

voicy.jp

Voicyのアプリはこちらから 
Voicy [ボイシー] - 今日を彩るボイスメディア【無料】
Voicy [ボイシー] - 今日を彩るボイスメディア【無料】
開発元:Voicy, Inc.
無料
posted with アプリーチ
 

  

#6得手、不得手について

今日は得手不得手について思ったことがあったんで、お話ししてみたいと思います。遊びとは関係あるかどうか。ちょっとあるんですけどね。

すいません今日は声が聞き苦しくて。まあこれも毎日やってるとこんな日もあるって言うことでご了承ください。

さあ「児玉剛の遊び人トーク」ということで。得手不得手って皆さんあるじゃないですか。

お酒飲むよりけん玉の練習をしたい

例えば最近思ったのが、僕はこんなちゃらちゃらしてる感じがしていて、あんまお酒飲まないんですよ。実は最近、ここ1年位かな。お酒いいやって思っちゃって。ほとんど飲んでないかな。ときどきありますけど。

そもそもそんなにお酒が強い方でもなかったし。それでも付き合いで飲むことはありましたけど。これ必要ないんちゃうかなと思って。

特にその一番の理由が、お酒を飲むと眠くなるじゃないですか。で、家に帰って寝たくじゃないですか。それが独立して色々やってるときに、結構もったいないなと思っちゃって。

けん玉パフォーマンスやってるんで、けん玉を練習したいんですよ。なので家に帰って12時とか超えてしまうこともあるんですけど、そっから一人でけん玉をシコシコ練習するわけですよ。

そんときにお酒が入ってると、もう帰って寝たくなってしまうというか、やる気起こんなくなってしまう。けん玉ってそれなりにセンシティブなところもあって、お酒酔いながらとかいい気持ちになりながら楽しくできないというか

お酒を飲む時間に働いてるっていうのもあって、飲む機会もないし。飲んだところでけん玉できないし。必要ないのかなと思って、辞めちゃったんですね。別に禁酒って訳じゃなくて、飲むときは…どうせ飲めないですけど、一杯くらいは別にいっかと思いますけど。

お酒が大好きな人からしたら…よく言われるんですよ。「お酒を知らない人生なんて損してんぞ」とかですね。「お酒をなくしてどう楽しむの」みたいなね。お酒を飲んで楽しい事っていうのはもちろん知っているし、酔っ払って面白いことはたくさん知ってるんですけど。

僕の場合はその決断を、独立してけん玉をやり始めてから、人とお酒を飲むよりもけん玉がしたいという…なんかもうちょっと大丈夫かみたいな選択ですけど。

けん玉で海外に行けるようになった

それを続けた結果ですね、けん玉パフォーマーとして色々やってこれたと思ってるし、それをきっかけにいろんな運が重なって世界に出れた

世界中でけん玉をすることができたり…これからも実はイタリア、アメリカ3都市、ヒューストン、ロス、アリゾナと、あとルーマニア。そんなところで5月まで、いろんな海外に行かしてもらうんです。

結果的に長く時間がかかったけども、それなりに出てるものはあるんですよ。そんなのってお酒やめたからってわけじゃないんですけど、少なからずなんかそういう条件が重なってだと思うんですよ

だから何が言いたいかって言うと…僕は昔生きてて、こんなに海外に行けると思ってなかったし、こんなに海外の知らないところでけん玉をして、いろんな人と交流してけん玉を知ってもらうこととか僕らを知ってもらうことで、こんなに楽しいことがあると思ってなかったです。世界に行くといろんな文化を知れるのですごく刺激になるんですよね。

だから僕は今年も定期的にけん玉をし続けて、もちろん海外の案件も入れる。海外にどんどん積極的に行くことを決めてるんです。やっぱり刺激が欲しいし。

足して引いて1

だから逆にいうと、お酒をやめたらけん玉が上手くなって誰でも世界に行けるわけではないと思いますけど、何かこう足して引いて0な気がするんですね。

僕は、もしかしてお酒を飲めない、飲まないでことで、酔っ払ってもウェイウェイできなくて人生を損してるかもしれないですけど、その分得もしていて。なんかそういうのってもう自己判断じゃないですか。

人の人生はそれなりに得手不得手があって。すごく得意なことのために不得意なことがあると思ってるし、不得意なことがあればそれで絶対に得をしてることもあると思っていて。それは見えなかったり感じれなかったりするかもしれないけど。

僕はそれを長い期間を経て納得していると言うか、足して引いて結局1になってねんなって思うんですね。もちろん何もうまくいかない時期とか嫌になる時期なんていっぱいあると思います。

不得意なことから逃げていい

前のVoicyでも言いましたけど、躁鬱病みたいに僕はもうめちゃめちゃテンション高いときと、自分はクズやと思ってる時期が毎日入れ替わりくるような不安定な時期もあったんです。

それでも、それがあったからこそ頑張れたし必死になったから今があると思ってるので、無責任なこと言うと、何年かかるかわかんないですけど、いま不得意なこととかうまくいかない事っていうのは、そっから逃げることとかそれをやんないことでまた新しいことは見つかるわけですし。絶対あると思うんですよね。

お酒があんまり飲めないっていうのがコンプレックスだったし。つきあい悪いって言われる。お酒の場っていうのは好きなんですけど。空気読めへんと悪いなと思いましたけど、その分の恩恵は受けたなという気はしてるんですね。

遊ぶ時間は有限

だから僕はいつも遊びの事に関していつも思うのは、遊ぶ相手も遊ぶ時間も有限なんだから…例えば嫌な人がいたらその人と遊ばなきゃいいし、遊び相手だって66億人の人間と遊べるわけじゃないし、嫌な奴と遊ぶ必要ないし。

好きな人と遊べばいいし。遊ぶ時間だって有限なんだから自分で割くしかないし。割かんでいいと思ったら割かんでいいんですけど。割きたいと思ったら割くべきだと思うんですね。

そういう事って意外にわかってるようでわかってなくて。すごく有限であるし、待ってくれないものっていうのはあるはずなので、いろんなとこに当てはめてみるといいかなと思います。

自分と合わない人はいっぱいいるわけだし。そこに立ち向かう必要はなくて、自分で選んじゃえばいい話で。無限にあるもんだったらいいですけどね。時間っていうのはコントロールできないもんですからね。そんなことを思ったりするわけですよ。

足して引いて1っていうのはすごくなんか真理な気がしてて、そう思ってればなんでも、マイナスがあると思ったらプラスがあるし。っていう感じですよね。

子供の頃っていうのはそうだったんかなって思います。子供の頃ってすごく純粋に遊んでいたと思うんですよ。好きな友達と遊んで、好きなことをやって。なぜか大人になると、それを選ぶことがダメなような気がしてくる。みたいな話でした。

すいません。めちゃめちゃ声が出ない。今日はとある人狼TLPT舞台の5周年パーティーに行ってて、いろんな人とワイワイしてる中で延々喋ってたんで、すげぇ声になっちゃいました。

昼もゲーム稽古っていって舞台の稽古をしてずっと皆さんにお話ししてたんで、いかんですね。プロではございませんので、喉の使い方をわかってない素人でございます。

聞いてくれてる人もいて嬉しいです。今日はこんなところで。喉治します。ありがとうございました 。

www.fujiwarayoshito.com

www.fujiwarayoshito.com

こちらもどうぞ

人生は幸福点を稼ぐゲーム「リアル人生ゲーム完全攻略本」の感想

【Netflix】ブラックミラー「メタルヘッド」感想(ネタバレあり)なんで白黒なの?

お仕事の種類は246種類!在宅ワークならクラウドワークス   

このブログについて

プライバシーポリシー及びその他の注意事項について - ヨリミチ書店