【Python】Numpyの読み方は「なんぴー」じゃなくて「ナンパイ」

この記事の結論

1.Pythonで使う拡張モジュールのNumpyの読み方は「ナンパイ」です。

2.NumPyとも表記します。いや、むしろその方が正しいっぽいぞ。(これならナンパイって読めるぞ!!)

 

さて、最近PythonをProgateというサイトで学び始めました。基本的なことを分かりやすい説明で学ぶことが出来ます。

しかし、基本的な部分しかコンテンツが無くあっという間に学び終えてしまいました。

次はAidemyというサイトで学び始めました。

aidemy.net

Pythonの基本の次のコースはNumpyの数値計算からでした。

ここで脱線、Numpyとは

ウィキペディアによると

プログラミング言語Pythonにおいて数値計算を効率的に行うための拡張モジュールである。効率的な数値計算を行うための型付きの多次元配列(例えばベクトルや行列などを表現できる)のサポートをPythonに加えるとともに、それらを操作するための大規模な高水準の数学関数ライブラリを提供する。

まあつまり、ベクトルとか行列を計算したいときに早くできるよ〜っていうツールだと認識してます。(まだ全容を理解してないから、間違ってたらやさしい言葉で教えてください。)

 

脱線は終わりにして、独学しているときにひとつ大きな問題があります。それが、読み方が分からないってことです。

Numpyって書いてあったら、普通「なんぴー」って読みますよね?

そう思ってTweetしたら、心優しいAidemy代表取締役の石川さんがわざわざ「ナンパイ」と読むことを教えてくれました。

これからもつきまとう、読み方分からない問題については、聞かずは一生の恥ということで、どんどんTweetしてみます。

ググれカスエピソードでした。

こちらもどうぞ

個人的に楽しく生きるためにマネークリップをとりあえず試してキャッシュレスへ

【Voicy文字起こし】「児玉健の遊び人トーク」#3質問コーナーその1|日本を移動しろ!遊びをビジネスに!けん玉の楽しさとは!

【おすすめ宇宙本】「宇宙兄弟」僕を宇宙漬けにした漫画の魅力をネタバレありで解説する

【Netflix】ブラックミラー「メタルヘッド」感想(ネタバレあり)なんで白黒なの?

お仕事の種類は246種類!在宅ワークならクラウドワークス   

このブログについて

プライバシーポリシー及びその他の注意事項について - ヨリミチ書店