【おすすめマンガ】「1日外出録ハンチョウ」の感想/人生をいかにして楽しむのか

本日紹介するのはこちら!

1日外出録ハンチョウ(1) (ヤングマガジンコミックス)

1日外出録ハンチョウ(1) (ヤングマガジンコミックス)

 

借金帳消しのために強制労働施設に入れられている大槻が、チンチロで大金を稼ぎ「1日外出券」というのを使い地上で1日過ごすという漫画。グルメ要素が強めでした。

大槻は人生の楽しみかたが上手です。

秘訣は2つあります。1つ目が余裕をもつことで、2つ目が自分が欲するものを理解することです。

まずは、余裕がなければ楽しむことができません。1日外出券を使ったときも、残り何時間かをずっと気にしていると、目の前のことに集中できず楽しめません。大槻は24時間がカウントダウンされても、昼寝をしたり、セーターの毛玉を取ったりと余裕があります。

次に、自分が欲するものを理解することが大切です。大槻は自分に対して何をしてあげれば幸せになるのかを理解しています。人と比べることなく、価格に左右されることなく。自分について知ること、それが大切です。

明らかに地上で暮らす僕達よりも不幸な環境にいる大槻が、24時間をゆったりと楽しむ姿から、人生について考え直すことができるはずです。