情報を集めて誰かの意見をそのまま言うだけのオウムになってはいないだろうか

フジワラヨシトです。

本日紹介するのはちきりんの「自分の頭で考えよう」。(http://amzn.to/2CRKzp5

 

スマホが必ず手元にあるいま、ほんの数十秒の暇さえ楽しめるようになった。コンビニのレンジを待つとき、エスコレーターに乗っているときでさえ、TwitterやNewsPicksなどで「情報収集」をすることができる。

 

そこには、影響力があり自分がフォローしている人の意見を読むことができ、うんうんと納得する。これだけである問題に対して、まるで自分が考えたかのように意見が言えるようになる。いったい何を「自分の頭で」考えたというのだろうか。

 

本書は、「考える」ということに対して考えられている。知識と知恵を分けることから始まり、考えるときのツールについて教えてくれる。その中で、具体的な事例を使いちきりんの考え方をなぞることができる。

あなたは今日どれだけ自分の頭で考えたのか。そんなグサリとささるメッセージを受け取った。考える習慣を意識的に取り入れなければ。

 

話は逸れるが、印象に残ったところを紹介する。

日常生活の意思決定で使えるツールの1つに、2×2のマトリックスがあった。使い方は簡単で、まずは2つの軸を作る。

本書では婚活女子が例として出ていた。男性を選ぶ2つの軸は経済力×相性であった。このように軸さえすっきりすれば、経済力があり相性が会う人とは、他の要素がどうであれ結婚することを決められる。また、他の3パターンについてもあらかじめ行動を決めておける。

これは意思決定をする際になかなか使える方法だと思った。

 

考える力をつけるために、考える時間を増やしてみようと思いました。

 

自分のアタマで考えよう

自分のアタマで考えよう