ヨリミチ書店

本と映画とコーヒーを取り揃えておりますので、少しヨリミチしてみては

【クリスマスプレゼントにおすすめ】マネークリップを6ヶ月使った感想

フジワラヨシトです。

みなさんは、お金やカードをどのように持ち歩いていますか。僕の友達は、見る限り全員財布を使ってます。長財布や折りたためるかなどの違いこそあれ、そこそこ高い、まあま知れてるブランドの財布に、お札と小銭と各種カードが入ってます。

僕はマネークリップに変えてから6ヶ月が経ちます。最高です。あまりにも素晴らしいので、その感想を書いていきます。

マネークリップって何?

マネークリップは、お札とカード数枚を持ち運ぶためのクリップです。

僕が持っているのはこれです。

STORUS(ストラス) スマートマネークリップ シルバー

写真を見てもらえるとわかりますが、ロゴが入っている面にカードをいれます。

カードは4枚入れてます。クレジットカード、免許証、保険証、Suicaです、SuicaはiPhoneに移行したので、ただのプラスチックのカードに成り下がっていますが、これがないとスカスカなので、まだ入れてます。

お札はいま、6枚をそれぞれ三つ折りにして28,000円挟んでいます。クリップの力が強いので、1枚でも大丈夫だし、もっと入れることもできます。

財布からマネークリップに変えるべき理由

値段が安い

財布ってピンからキリまでありますが、20代前半の友達を見ると、1〜5万円のを使っている人が多いです。しかも、それを数年ごとに買い替えています。ところがどっこい、マネークリップは3,000円も出せ十分なクオリティのを買えます。しかも安物の財布って見たら分かりますが、マネークリップは使っている人が少なすぎて、そもそも比較すらできません。

かさばらない

財布っていろいろ入る分、財布自体も大きいし、レシートとかカードとか小銭でパンパンになってる人っていますよね。でも、マネークリップは大きさがSuicaより一回り大きいくらいなので、スキニーのポケットにも難なく入ります。また、小銭とかカードとか余計なものが入らないから、ポイントカードを作ることもなくなり、支払いは全部(カードが使えない店を除いて)クレジットカードになりました。キャッシュレスです。

 マネークリップのここが嫌だ

褒めるばかりでもフェアではないので、気に入らないところも書いておきます。

お札が三つ折りになる

マネークリップでは、お札を三つ折りにします。そうすると、現金で払わなければいけないときに、お年玉みたいなお札を出すことになります。なんとなく残念です。だから、クレジットカードが使えないお店には極力行かなくなりました。

カードを無くしそう

上で財布はかさばると書きましたが、その分存在感があり無くしにくいです。でも、マネークリップは小さく、カードがむき出しになっています。僕も1回カードを落としました。すぐ気づいたから良かったのですが、注意が必要です。

それでもマネークリップが素晴らしい

 嫌なところも書きましたが、それでもマネークリップは素晴らしいです!1番大きく影響を受けたのがお金に対する考え方です。まあ、これについて書くと長くなるので控えますが、すべてカード払いにする事で、お金ってなんだろうって考え始めました。そして、お金の使い方にもいい影響が出ました。なんだか物も減ってミニマリスト(まだ死語じゃないよね?)に近づきました。

 

いかがでしたか。マネークリップの良さが少しでも伝わって、使う人が増えてくれれば嬉しいです。価格も幅広く、クリスマスプレゼントにも喜ばれるのではないでしょうか。

 

本日紹介した雑貨 

STORUS(ストラス) スマートマネークリップ シルバー