ヨリミチ書店

本と映画とコーヒーを取り揃えておりますので、少しヨリミチしてみては

大学生のうちに読んでおけばよかった「お金」にまつわる本5冊

フジワラヨシトです。

本日は大学生のときに読んでおけばよかったお金に関する本を5冊紹介します。

 

1と2で哲学

3で節約

4で投資

5で使い方

についてです。

 

この順序で読んでいけばいいと思います。

 

1.松浦弥太郎の新しいお金術  

基本的なお金への接し方を教えてくれる本です。あなたも「お金さん」と呼ぶことから始めてみては。

yorimichi.hatenadiary.com

 

2.金持ち父さん 貧乏父さん

改訂版 金持ち父さん 貧乏父さん:アメリカの金持ちが教えてくれるお金の哲学 (単行本)

2人の異なるタイプのお父さんの姿から、お金持ちになるためにはどのようにすればいいのか書いてあります。といっても、小手先の技術で小金を稼ぐための本ではありません。この本も「松浦弥太郎の新しいお金術」と同様に、お金に対する哲学を身につけるのに良いでしょう。

僕が学んだことのひとつは、ポケットにお金を運んでくれるのが資産、持っていってしまうのが負債ということです。つまり、持ち家とか車は負債です。

 

3.となりの億万長者

となりの億万長者 〔新版〕 ― 成功を生む7つの法則

誰もが億万長者になれることを教えてくれます。

要は、収入の2割程度を投資信託などに積立ながら運用し続ければいいのです。

また、本当のお金持ちと、弁護士のように一見お金持ちでも実はそうではない人の差についてもよく分かります。

 

4.お金は銀行に預けるな

この本は、上記の2冊とは違いより実践的な本です。

お金を銀行に預けずにドルコスト平均法で投資信託をする方法を教えてくれます。

本書を読み終わる頃には、金融リテラシーが上昇していることでしょう。

yorimichi.hatenadiary.com

 

5.中くらいの幸せはお金で買える 

幸せに繋がるお金の使い方を学ぶことができます。

yorimichi.hatenadiary.com

 

おわりに

お金とは長い付き合いになるため、早いうちから学んでおくといいです。

時間を味方につけることも、増やすための強力なツールですからね。

今回紹介した本を全部買っても1万円もしないので、投資だと思ってぜひ勉強してみてください。

 

こちらもどうぞ

yorimichi.hatenadiary.com 

yorimichi.hatenadiary.com