ヨリミチ書店

本と映画とコーヒーを取り揃えておりますので、少しヨリミチしてみては

1日1冊本を読む僕の現在の積読本5冊

 

フジワラヨシトです。

読書好きの共通の悩みとして、積読本の多さがあげられるのではないでしょうか。

さらに、最近はKindleという神デバイスのお陰で、際限なしに積読本が増えていきます。

 

読むより買うペースの方が早い、、、

 

そこで本日は大量にある積読本のうち5冊を紹介します。

 

1.みみずくは黄昏に飛びたつ

著者 川上未映子 村上春樹 

『騎士団長殺し』誕生秘話、少年期の記憶、フェミニズム、世界的名声、そして死後のこと……。芥川賞作家にして、10代からの熱心な愛読者が、村上春樹のすべてを訊き尽くす。誰もが知りたくて訊けなかった創作の源泉とその素顔を、鮮烈な言葉で引き出した貴重な記録。

Amazonより引用

騎士団長殺しを買ったときに、ついでに買いました。

対談集はそれぞれの素顔が見えるときが楽しいです。

 

2.熔ける 大王製紙前会長 井川意高の懺悔録

著者 井川意高

大王製紙社長の長男として、幼少時代は1200坪の屋敷で過ごし、東大法学部に現役合格。27歳で赤字子会社を立て直し、42歳で本社社長就任。順調な経営、華麗なる交遊……すべてを手にしていたはずの男はなぜ〝カネの沼〟にハマり込んだのか? 創業家三代目転落の記。そして、刑期を終えたいま、何を思うのか――。出所後の独白を加え文庫化!

(Amazonより引用)

「東大から刑務所へ」を読んだときに紹介されていて、気になったので買いました。

yorimichi.hatenadiary.com

 

3.渋谷ではたらく社長の告白

著者 藤田晋

二一世紀を代表する会社を作りたい――。高校生のときに抱いた起業の夢は、サイバーエージェントの設立により実現した。しかし、社長になった彼を待っていたのは、厳しい現実だった。ITバブルの崩壊、買収の危機、社内外からの激しい突き上げ……。孤独と絶望、そして成功のすべてを赤裸々に告白したノンフィクション。夢を追う人必読の書。
(Amazonより引用)
たしか武井壮さんが影響を受けたと言っていたので買いました。記憶が定かではありません。
 
著者 井上篤夫
情報革命の先頭を走る男の生きざまを活写した、感動の評伝! 裸一貫から立ち上がり、いまや世界を見据える事業家となった孫正義。その原点となる少年時代に始まり、アメリカでの青春期、ソフトバンクの創業、インターネットや携帯電話事業への進出から、アリババの上場そしてロボット事業に至るまで――波乱に満ちたその半生を、四半世紀にわたって孫を密着取材してきた作家・井上篤夫が熱い筆致で描く。100年、200年、300年続いていく企業をめざす孫正義とソフトバンクは、いまや単なる「携帯電話カンパニー」ではない。もはや会社そのものがシリコンヴァレーのような存在であり、孫正義ははるか遠くを見つめているのだ。世界初の感情認識パーソナルロボット、Pepper(ペッパー)の発売に合わせて、さらに徹底した追加取材を行い、ベストセラー「志高く 孫正義正伝 完全版」に大幅加筆してパワーアップした「新版」。読めば勇気と活力が湧いてくる決定版!
(Amazonより引用)
2年前に勉強法について調べているときに、孫さんのアメリカ時代の猛烈に勉強したエピソードを聞き、気になって自伝を買いました。
 
著者 東村アキコ

かくかくしかじか 1 (マーガレットコミックスDIGITAL)

 
ほっこり笑える漫画らしいので買いました。著者の自伝的な一面もあるとか。他の情報は調べていません。ネタバレしないで。
 
 
今回は積読本の中から5冊紹介しました。
まだまだ本棚にはたくさんあるので、需要があれば積読本紹介をしたいです。
(読んでから感想書いた方がいいか)
 
 
こちらもどうぞ
(Amazonより引用)