やりたいことが無いのにライフハックをしてどうするの?

スティーブ・ジョブスが、毎日黒のISSEY MIYAKE(イッセイ ミヤケ)のタートルネックとLevl's(リーバイス)のジーンズを履いていたというエピソードは有名です。

これは「意志力」を無駄にしないためだったようです。

意志力とは、自分が1日の中で選択をする度に減っていって、寝たりすると回復するMP(マジックポイント)のようなものです。

この意志力がなければ、正確な決断を下すことができません。

よくAmazonで夜に無駄遣いしてしまうのは、日中に「意志力」を使っていて、ほとんど残っていない状態だからです。

 

この話はメンタリストDaigoさんの「自分を操る超集中力」でも紹介されていました。

この本によると、意志力は、選択すること以外にも、頭の中に気になることがあっても消耗するのだとか。

例えば、僕がよく陥る意志力の消耗は、夜ご飯を食べた後にシンクに皿を置きっぱなしにしてしまうときに起こります。

動画制作なんかの作業で疲れたときに、休憩代わりにやるぞなんてもっともらしい言い訳をしながら後回しにしてました。

でも、こういうときって頭の片隅でずーっと気になって、意志力を消耗し続けます。ポケモンのどくどくみたいな感じです。

この感覚は、僕のように怠惰な人なら実感できるのではないでしょうか。

また、部屋がちらかっていることでも意志力を消費します。

自分では意識していなくても、そこに物があることで頭は注意を払ってしまうようです。

だから、「自分を操る超集中力」を読んでからは、正確にはAudibleで聞いてから、夜ご飯を食べ終わったらすぐに皿洗いをすることをマイルールに追加しました。

これを実行することで、意志力のどくどくがなくなったためか、すっきりした気分で作業を進めることができます。

やりたくないことを判断の余地すら入れずにそっこーでやるというのが、この本から学んだことです。判断の余地を入れないというのがポイントです。

ライフハックと言えば、またまたAudibleで「ライフハック大全」という本も聞きました。

この本には250個も大小様々なライフハックが書いてあるので、誰しも1つくらいは参考になるものがあるのではないでしょうか。

 

でも、これを聞いているときに思ったんですが、なぜライフハックを行うのでしょうか。

 

ライフハックというのは、だいたい生産性の向上のためのものです。

つまり、インプットを少なくする and/or アウトプットを多くするってことですよね。

インプットっていうのは、その作業に使うエネルギーや時間で、アウトプットは結果物のことです。

同じブログの記事を書くなら、短い時間で書けた方がいいよねってことです。

 

でもそれって本当かな?

 

生産性を上げたい場合っていうのは、好きじゃないことをやってるか、誰かと競争しているときですよね。

好きじゃなければインプットを減らしてさっさと結果を出したいし、競争しているときには少しでもアウトプットを増大させないと負けてしまうかもしれません。

僕は最近Adobe Premiere で動画編集をすることにハマっています。

でも、自分が満足できる作品を創るためだけにちまちま編集して遊んでいるので、生産性を上げようなんてことを考えたことがありません。

それよりも、たくさんググりながらいろいろなエフェクトやトランジションを試してみたり、映像に合う音楽をとことん探したりしているのがおもしろいです。

ただ、それは映像作品の構想を考えてものにするのが楽しいのであって、映像の切り貼りをするその作業そのものは、厳密には好きなことではないので、ショートカットキーを覚えたりして効率化しているのです。

時間を映像作品の構想を練ってあーでもないこーでもないと試すために使いたいからです。

 

つまり、テンションの上がらない時間はライフハックを使って効率化して、テンションの上がることに時間を注ぎたいわけです。

時間は明らかに有限で1日24時間しかなく、ぼーっとしてたら死んでしまいます。

エネルギーだって意志力のように有限です。

 

なにに時間とエネルギーを注ぎたいのでしょうか。

その対象が無い人が、時間とエネルギーを節約してどうするのでしょうか。

 

ライフハックとか時間術の本を読むんだったら、やりたいことがないと時間とエネルギーを持て余すことになってしまいます。でも、やりたいことがある人は、時間とエネルギーをそういう本を読む時間に使う暇はないでしょう。

 

やりたいことが無いのにライフハックをしてどうするの?

 

この記事で登場した本  

自分を操る超集中力

自分を操る超集中力

 
ライフハック大全―――人生と仕事を変える小さな習慣250

ライフハック大全―――人生と仕事を変える小さな習慣250

 

このブログについて

プライバシーポリシー及びその他の注意事項について - ヨリミチ書店

東京のOLがハンターになってジビエを食べる「狩りガール」

狩りガールが旅するおいしいのはじまり 山のごちそうをいただきます!

「狩りガールが旅するおいしいのはじまり」

著・あり

まんが・新岡 薫

協力・一般社団法人大日本猟友会

 

鹿肉の魅力

東京のOLが、偶然食べることになった鹿肉があまりにも美味しくて、「おいしいのはじまり」を知りたくなってハンターになる話です。

本書の半分以上はジビエ(鹿肉)のおいしいお店や、その店主について。

鹿肉は高タンパク、低脂質、ミネラル豊富なんだとか。

読んでいるうちに鹿肉が食べたくなること間違いなし!

巻末にはおすすめのジビエ料理屋や、メニューまで載っています。

僕も以前、狩猟者の集まり(僕は狩猟免許を持っていませんが)でジビエ料理を食べる会に参加したことがあります。

カルガモの焼き肉、熊汁などなど、今まで食べたことのないものばかりを食べました。

ただ、シカ刺しだけは手をつけないでおきました。なぜなら、信頼してる狩猟者が「俺はシカ刺しは食べない」と言っていたからです。

本書を読んだら、その理由が書いてありました。

シカに限らず動物は、腸管出血性大腸菌、E型肺炎など食中毒の病原物質を保菌していて、鮮度は関係ないし冷蔵・冷凍も関係ないとか。

いやー、助かった。

 

OLが狩猟へ

本書の残り半分は東京のOL(ありちゃん)が狩猟免許を取って、実際に北海道に狩猟に行く話です。

狩猟免許を取るための時系列や、かかったお金、苦悩なんかも描かれていました。

ありちゃんの狩猟の様子は「ありちゃん日記」(http://kari-girl.com/diary/)からも読めます。

 

ところで、銃を持って飛行機に乗るときってどうするかしってますか?

航空会社の鍵付きケースに入れるんだそうです。

銃を持って飛行機で東京から北海道に行き、狩猟するってかっこいいですよね。

さて、ありちゃんは自分の手でシカを捕らえることができたのか。

結果は本書を読んでいただくとして、とてもほんわかした絵柄で狩猟の魅力をジビエという切り口から描いている作品です。

くいしんぼうのあなたにおすすめです!まずはジビエ料理屋に行こう!

こんな記事も書いています

www.fujiwarayoshito.com

www.fujiwarayoshito.com

www.fujiwarayoshito.com

このブログについて

プライバシーポリシー及びその他の注意事項について - ヨリミチ書店

【マンガ】性に翻弄される文芸部女子高生「荒ぶる季節の乙女どもよ。」の感想

荒ぶる季節の乙女どもよ。(1) (週刊少年マガジンコミックス)

「荒ぶる季節の乙女どもよ。」

漫画・漫画原作:絵本 奈央

原作:岡田 麿里

★★★★☆

クラスの端っこにいる目立たない文芸部の女子高生5人が、「セックス」に翻弄される。

性的な出来事とは遠いところで生活をしていたが、文芸部の1人が死ぬまでにやりたいこととして「セックス」と言い出す。

他の部員は動揺しつつも、文芸部で読む古典小説には性描写が多いことなどもあり、それぞれが「セックス」というものに対して興味が出てしまう。

性に翻弄される物語は、男性目線の作品しか読んだことがなかったが、本作は女性目線であり、新しさを感じた。

性に翻弄とは言っても性描写などは出てこず、やっと彼氏が出来たり、「セックス」とい表現が直接的すぎるから「えすいえっくす」に言い換えたりするくらいの、かわいらしいマンガになっている。

僕は男性で、高校生のときなんて、ずーっとえっちなことを考えてたようの気がするけど、女性だって思春期には性に対して悩むんだよなと、当たり前のことをひしひしと感じた。

彼女たちの今後を応援したい。7巻発売が楽しみ。

【マンガ】2度目の高校生活は後悔したくない「ハイポジ」感想

ハイポジ1

「ハイポジ」

きらたかし
★★★★☆

しがない人生を送ってきたおっさんが、風俗で火事に遭って気を失い、気がついたら高校生のときの自分に魂が乗り移ったとこらから話が始まる。

おっさんは2度目の人生だからこそ、後悔しないように高校生活に邁進していく。

今が夢でも

あの世でも

現実でも

あんな人生の最期を迎えるくらいなら

あの頃俺ができなかったことをしてやろう

「ハイポジ」1巻より引用

あの頃に戻れたら、、、

僕がそんなことを妄想したことは、1度や2度ではない。

高校生のときは、中学生の頃を後悔した。

でも、大学生になって振り返ると、高校生の頃なんて無限の可能性があったように思う。

社会人になってから大学生を振り返ると、あんなに自由に満ち溢れていた時期は無いと思う。

過去を振り返ると、(今の頭のままで戻れば)もっと何事も上手くできたように思えてならない。

だから、あの頃に戻れたらいいなと、ありもしないもう1つの人生を妄想してしまう。

戻れるわけがないのに。

そんな妄想がマンガになったのがハイポジだ。

おもしろくないわけがない。

今日1日だけがんばるよ。

時間が経ってから振り返ると、何かを始めるのに遅すぎることなんてない。

だから、僕は5年後の30歳のときに今を振り返って後悔しないように、今日も1日がんばろうと思う。

その繰り返ししかない。

そうだ。「ハイポジ」みたいに魂だけ未来から今の自分に乗り移った設定にしよう。

「明日からがんばろう」という発想からは…

どんな芽も吹きはしない…!

そのことに20歳を超えてまだわからんのか…!?

明日からがんばるんじゃない…

今日…今日だけがんばるんだっ…!

今日がんばった者…今日がんばり始めた者にのみ…

明日が来るんだよ…!

賭博破戒録カイジ第7話より引用

今からがんばる。今日だけがんばる。

そんな自己啓発マンガとしても読めるハイポジは、今からの人生を慈しみたい人におすすめです!!

ハイポジ1

ハイポジ1

 

このブログについて

プライバシーポリシー及びその他の注意事項について - ヨリミチ書店

漫画喫茶(ネカフェ)で読めるおすすめ歴史マンガ厳選2作!!

僕は学生のとき、日本史の勉強が嫌いだった。登場人物はやたら多いし、教科書に書かれたストーリーもおもしろくなかった。

そもそも選択科目で日本史を選んだ理由は、世界史に比べれば登場人物とか出来事がカタカナではなく漢字で、比較的覚えやすいだろうと思ったからに過ぎない。

嫌いな日本史の授業ではあったが、高校生のときの日本史教師の言葉は、いまだに心の中に残っていた。

当事者意識を持て!

その授業中に当事者意識を持てたかはおいといて、あれから7年経った今でもその言葉は脳の片隅にきちんと収納されていた。

 

同じ出来事でも立場によって異なった見方をすることは、歴史だけでなく日常にも多々あることだろう。ましてや、勝者が書き換えることができる過去のことであれば、真実はなかなか分からない。

そのため、学校の歴史の授業ではえらい人たちが話し合って決めた定説を教えることになる。ただ、同じ出来事においても、その定説になるほどの根拠が揃ってないけど、別な可能性として諸説ある。

「 雪花の虎」東村アキコ

日本史に詳しくない人でも名前くらいは聞いたことがあるであろう上杉謙信は、とにかく戦が強く、仁義に熱い将軍であった。そんな彼が、実は女性だったのではないかという説がある。

なんと、上杉謙信は戦中であろうと、月に1度満月のときに数日間、離れた屋敷に閉じこもっていたというのだ。これが月経だったのではないかと考えられている。また、謙信は当時としては珍しく嫁や子供がいなかったそうだ。

東村アキコさんの「雪花の虎」は、そんな説をを基にした、もしも上杉謙信が女性だったらという物語である。

「雪花の虎」の中には、他にも女性だったことの根拠が出てくるので、本当に女性だったのではと考えてしまう。

教科書を疑う第一歩になるだろう

雪花の虎 1 (ビッグコミックス) (ビッグコミックススペシャル)

雪花の虎 1 (ビッグコミックス) (ビッグコミックススペシャル)

 

「信長を殺した男」藤堂裕,明智憲三郎

「信長を殺した男」は、明智光秀の子孫である明智憲三郎が作者として名を連ねている。

明智光秀が織田信長を裏切り本能寺の変を起こしたという定説を裏返したいということだろう。

現在は4巻まで発売されていて、本能寺の変の真相については明らかにされておらずかなり楽しみな展開だ。

マンガの中では秀吉が悪く描かれており、明智光秀から見るとそう見えるのかなと感じている。

信長を殺した男?本能寺の変 431年目の真実? 1 (ヤングチャンピオン・コミックス)

信長を殺した男?本能寺の変 431年目の真実? 1 (ヤングチャンピオン・コミックス)

 

 

 

「雪花の虎」と「信長を殺した男」が、これまた歴史の真実であるとの結論にはならないが、自分が勉強した日本史とはまたちがった日本史を知ることで、物事には複数の見方があるという当たり前のことを学べる。

そのような見方をするためには「当事者意識」が欠かせないと思うが、絵が描かれて主人公に感情移入しやすいマンガでは、その意識を持ちやすい。

漫画喫茶で何を読もうか迷ったときは、ぜひ上の2作を読んでみて欲しい。

こちらもどうぞ

人生「タラレバ」より断然「カラ」の方が楽しい。「東京タラレバ娘」 - ヨリミチ書店

【おすすめマンガ】かくかくしかじか - ヨリミチ書店

このブログについて

プライバシーポリシー及びその他の注意事項について - ヨリミチ書店

 

 

仕事に行きたくない日におすすめの本5冊

日曜日のちょうどサザエさんが放映される頃から、僕の胸の中にぐるぐると1つのフレーズが繰り返されました。

「仕事に行きたくない。」

なんとなく憂鬱だと思ったことはあれど、こんなにもはっきりと「仕事に行きたくない」と思ったことはありませんでした。

で、そんなときに助けてくれたのは過去に読んだ愛すべき本たちなんですな。

ここからぼくの相棒たちを紹介していきます。

1.江副浩正

まずはこちら。

江副浩正

江副浩正

 

タイトルどおり江副浩正さんの本で、あの超大手リクルートを創業してから亡くなるまでのことが書かれています。

江副さんは起業したというよりも、人を大切にするひとつの文化を創ったといえ、リクルートの血は今でも脈々と各地を流れ続けています。

この本を読むと仕事のスケールを大きく考えることができ、ただ言われたタスクをこなすだけではなく、仕事をとおして社会を変えることもできるんだと前向きになります。

2.仕事は楽しいかね?

そうは言っても毎日の仕事が単調で退屈なんだよなー。

わかりますわかります。そんなときはこちら。

仕事は楽しいかね? (きこ書房)

仕事は楽しいかね? (きこ書房)

 

「仕事は楽しいかね?」は、主人公が乗る予定だった飛行機が欠航したことを機に、偶然空港に居合わせた有名な経営者から仕事について話を聞く物語形式。

毎日変化し続けることを説いています。

昨日より今日、同じ単純業務を行うにしてもなにか工夫してみてください。

少し早く終わるようになったり、より精度が上がったり、仕事を楽しめるようになるはずです。

3.健康で文化的な最低限度の生活

ちょっと仕事するのも悪くないかなと思い始めたら、仕事をとおして成長する人の様子を。

健康で文化的な最低限度の生活 1 (ビッグコミックス)

健康で文化的な最低限度の生活 1 (ビッグコミックス)

 

公務員の中で最もキツい仕事とされるケースワーカーのマンガです。

生活保護の受給許可とか、家庭訪問とか、自立を促すとかって仕事をしてる主人公の奮闘記。

前向きに仕事に取り組む姿勢からは、学ぶことが多いです。

ついでに生活保護についても学べます。

4.自由をつくる 自在に生きる

そうは言っても自分の仕事にやりがいが感じられないって人のために紹介するのはこちら。

「やりがいのある仕事」という幻想 (朝日新書)

「やりがいのある仕事」という幻想 (朝日新書)

 

なかやか攻めたタイトルです。

あれ、やりがいってなんだ?仕事するってなんだ?

そんなことを、一度立ち止まって考えることができます。

自分にとっての仕事の位置付けがはっきりすると、「やりがい」なんてものがなくても仕事に向き合うことができるはずです。

5.今日もていねいに。

でも、布団から出るのすら辛いんだよ。

いっそのこと交通事故にでもあって入院しちゃえば仕事に行かなくていいのにな。

そんなときはこちら。

今日もていねいに。 (PHP文庫)

今日もていねいに。 (PHP文庫)

 

松浦弥太郎さんの「今日もていねいに。」です。

その日をていねいに過ごすための方法がかかれています。

もし、仕事に追い詰められて自暴自棄な気持ちになっているとしたら、体や心を壊してまで仕事に行く必要はないと思います。

病欠でもなんでもいいから仕事を休んで、大好きな小説でも読んでみてはどうでしょうか。

ここで突然、江國香織さんの無題という詩を引用。

どっちみち

百年たてば

誰もいない

あたしもあなたも

あのひとも

まあ、ちょっとペースを落として、「今日もていねいに」楽しんでいきたいものです。

このブログについて

プライバシーポリシー及びその他の注意事項について - ヨリミチ書店

旅好きに猛烈におすすめしたいこの1冊!!「深夜特急」

僕は暇さえあればふらーっと旅行してしまう。

細かい計画は立てずに、なんとなく気になる場所へ何泊するかも決めずに行く。

だから、持ち物は旅行することを前提に選んでいて、たとえば読書が大好きなのにも関わらず本棚は持っておらずKindleで購入する。

そんな僕が猛烈に影響を受けた本がこちら。

深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)

深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)

 

沢木耕太郎さんの「深夜特急」シリーズ(全6巻)だ。

著者は30歳(あれ、25歳だっけ?)を目前にして、男なら一度は海外を旅せねばと思い、仕事を辞めてバスでロンドンまで行くことに決める。

なんでも、酔狂なことをしてみたかったとか。

 

旅のトラブルはもちろん、旅する生活をしていく中で思い悩む様子も詳細に書かれている。

インドで出会った自分のような旅人の目が死んでいて、自分もそうなってしまうのではないかと恐怖のどん底に落ちてみたり、いざ日本に帰ったらなにしようかと悩んだり、飾らず等身大の旅行記になっている。

だからこそ、かっこいいだけではなくて旅することの恐怖も感じられる。

世界一周したいといってる大学生には、とりあえず読んでみて欲しい。

 

また、本書の時代はスマホが無く、僕たちからするとGoogleマップ無しでどうやって観光するんだ?ってくらいテクノロジーのギャップがあり、そこも読みどころだ。

旅先でバックパッカーと出会った場合、今ならFacebookなんかで友達になるが、この時代はそれぞれのアドレス(住所)を聞いておき後日手紙を送る。

宿を見つけるのにもググるのではなく、勘を働かせながら突撃交渉するしかない。

アプリで英単語も調べられないし翻訳もできない。

本も2,3冊しか持ち運べない。

もう、今が旅人にとっていかに恵まれているか分かる。

 

本書を読んで、僕のように旅へ行きたい衝動に駆られる人が一定数いるはずだ。

今いる場所から飛び出したい人にはぜひ読んでもらいたい。

深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)

深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)

 

 

このブログについて

プライバシーポリシー及びその他の注意事項について - ヨリミチ書店